News

『皮膚筋炎に伴う間質性肺炎モデルマウス作成プロジェクト』募集開始
-難病の病態解明へ、世界をリードする挑戦へ-

 
この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社の産学官連携推進室が運営する「Securite ACADEMIA」において、京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学教室が推進する、皮膚筋炎に伴う間質性肺炎のモデルマウス作成に係る資金を募るプロジェクト『皮膚筋炎に伴う間質性肺炎モデルマウス作成プロジェクト』を開始しましたのでお知らせします。
  
■プロジェクト概要
皮膚筋炎は指定難病の一つですが、その中でも抗MDA5抗体陽性の症例は、急速に進行する間質性肺炎を高率に合併し、6ヶ月以内の致死率が最も高いことが知られています。現在、抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎に伴う間質性肺炎には、早期に複数の薬剤を併用した強力な免疫抑制治療を施すことで救命を図りますが、感染症など多くの副作用や後遺症を乗り越えなければならない上に、救命率も未だ十分とは言えません。

近年、世界的に流行する新型コロナウイルス感染症において見られる重篤な肺炎像や、炎症性サイトカインのプロファイリングが本疾患と非常に似ている事で注目されておりますが、残念ながら未だ真の病態は明らかにされていません。病態解明や疾患特異的治療法の開発が遅れている大きな要因の一つは、本疾患の動物モデルがない事が挙げられます。致死的な疾患であることや、病変の首座が肺という重要臓器であるがゆえに、ヒトの組織を用いた研究・ヒトを対象にした治療研究にはどうしても限界があります。もし本疾患の特徴を捉えたモデル動物が存在すれば、この病気の病態解明や新規治療法の開発が大きく進むと期待されます。

本研究では抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎に伴う間質性肺炎モデルマウスを作成する事で、その病態探索と治療法開発のためのシーズ探索を目的としています。
 
『皮膚筋炎に伴う間質性肺炎モデルマウス作成プロジェクト』
プロジェクトURL:https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=17
 
■目標金額:3,000,000円
■募集期間:2022年4月15日〜2022年9月30日
■募金の使途:①モデルマウスの飼育・維持費用 ②モデルマウスの病態解析のための試薬・物品の調達/拡充費用 
■特典:寄付額に応じてお礼をご用意しております。
・全ての寄付者様へ、京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学教室より寄付者に対して感謝の気持ちを伝える書状を送付いたします。
・1万円以上の寄付者様には芳名台帳への記帳を致します。
・5万円以上の寄付者様には、1万円の特典に加え、プロジェクト終了後に成果をまとめた成果報告書を作成して送付いたします。
・10万円以上の寄付者様には、5万円の特典に加え、オンラインにて研究成果をご報告いたします。
 


/data/blog/archive/original/53820.jpg


以上、本プロジェクトへのご理解とご協力をお願いいたします。 


 
【本件に関するお問い合わせ先】
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム
TEL:03-5948-7301 E-mail:mspr@musicsecurities.com
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室
Securite ACADEMIA E-mail:ac@musicsecurities.com

次世代医療・iPS細胞治療研究センター基金募集開始
-コロナ禍における新たな医療を生み出す取組-

 
 この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社の産学官連携推進室が運営する「Securite ACADEMIA」において、京都大学医学部附属病院 次世代医療・iPS細胞治療研究センターが推進する先端医療「遺伝子治療」の治験・臨床試験に係る資金を募るプロジェクト『次世代医療・iPS 細胞治療研究センター基金』を開始しましたのでお知らせします。
 
/data/blog/archive/original/53385.jpg

『次世代医療・iPS細胞治療研究センター基金』について
新しい治療の一つとして「遺伝子治療」という特殊な治療の開発が進んでいます。遺伝子治療とは、遺伝子を外部から導入することにより、遺伝性疾患で欠損している遺伝子を補充したり、キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の様に新たな機能を細胞に付加することで治療を行う先端医療のことです。遺伝子治療には特殊な遺伝子改変ウイルスが用いられ、近年の技術の進歩によりがんなどの難治性の疾患に対する応用も可能となってきました。
京都大学医学部附属病院 次世代医療・iPS細胞治療研究センター(Ki-CONNECT)でも、この遺伝子治療の治験を予定しています。遺伝子治療の治験では、遺伝子改変ウイルスが用いられていることから、法律に基づいた環境整備が求められており、これらの設備を整える必要性があります。その為の資金を、本プロジェクト『次世代医療・iPS細胞治療研究センター基金』で募ります。
 
 
次世代医療・iPS細胞治療研究センター(Ki-CONNECT)の取り組み
2020年4月、京大病院は早期臨床試験専用病棟(30床)を設置しました。ここでは、京大病院だからこそ可能な、以下の先端的かつ独創的な試験を重点的に実施しています。
・がんや難治性疾患等の領域を対象とした早期臨床試験
・iPS細胞治療を含む再生医療試験
また、2021年5月よりコロナウイルスワクチンを接種した方を対象に、ワクチンの効果を年齢差や個体差により検証する観察研究も実施しています。
 
これらの早期臨床試験は、新しい医療を生み出すためにはなくてはならない重要なステップです。当センターの取り組みが一刻も早く進むことで、救われる患者さんがいます。
今、医療資源や開発費がコロナ対策やコロナに対する治療開発に注がれていますが、がんや難病、希少疾患に対する治験・臨床試験も遅滞なく進める必要があります。有望な新薬・新規治療の創出のために、周知のご協力をお願いいたします。
 
 
『次世代医療・iPS細胞治療研究センター基金』
プロジェクトURL: https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=16
/data/blog/archive/original/53382.png
■目標金額:8,500,000円
■募集期間:2022年2月3日〜2022年5月2日
■募金の使途:遺伝子治療の治験における調剤室の環境整備、医療機器の購入等。
■特典:寄付額に応じてお礼をご用意しております。
・全ての寄付者様へ、京都大学医学部附属病院 次世代医療・iPS細胞治療研究センターより寄付者に対して感謝の気持ちを伝える書状を送付いたします。
・1万円以上の寄付者様にはプロジェクト終了後に成果をまとめた成果報告書を作成して送付いたします。
・10万円以上の寄付者様には、センター内にある銘板にシルバープレートにお名前の刻印をさせていただきます。
・50万円以上の寄付者様には、センター内にある銘板にゴールドプレートにお名前の刻印をさせていただきます。
 
以上、本プロジェクトへのご理解とご協力をお願いいたします。 
 
【本件に関するお問い合わせ先】
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム
TEL:03-5948-7301 E-mail:mspr@musicsecurities.com
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室(榊原)
Securite ACADEMIA E-mail:ac@musicsecurities.com

 11月25日、バイエル製薬オープンイノベーションプログラム「G4A Tokyo」において、シンポジウムが開催されました。第8回目となる今回は、デジタルヘルス領域における産学連携の更なる推進に向け、「京都大学 x G4A Tokyo デジタルヘルスシンポジウム ~研究から社会実装への課題と打開の可能性~」と題し、シンポジウムとポスタービューイングを組み合わせた方法で開催されました。

 本シンポジウムにおいて、京都大学大学院医学研究科眼科学の沼先生がポスター賞を受賞されました。

【ポスター賞】「疾患理解を深めるPersonal Health Record ~眼科専門医が緑内障に取り組む」



<シンポジウム詳細>
「京都大学 x G4A Tokyo デジタルヘルスシンポジウム
~研究から社会実装への課題と打開の可能性~」

共催
京都大学オープンイノベーション機構
京都大学医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
関西広域医療データ人材教育拠点形成事業(KUEP-DHI)
バイエル薬品株式会社

日時    2021年11月25日(木)13:00~17:00
場所    Zoomウェビナー形式ライブ配信
https://www.g4atokyo.jp/theme/theme08

本研究プロジェクトへの応援は、こちらからお願いします。
病状説明2.0 ~NO密だけど濃密な説明ができる診察室を~

以上、ご報告とご案内を申し上げます。

『発達が気になる子どもの保護者支援アプリ開発と研究』プロジェクト開始
~個性に合わせた多様な子育てを応援するツールの開発を目指して~
 
 
この度、ミュージックセキュリティーズ株式会社の産学官連携推進室が運営する「Securite ACADEMIA」において、 国立大学法人信州大学 医学部が推進する『発達が気になる子どもの保護者支援アプリ開発と研究』への寄付を募るプロジェクトを開始しましたのでお知らせします。
 
本プロジェクトは、発達が気になる子どものいる保護者等が無理なく子どもの可能性を伸ばすことを支援するアプリ「TOIRO」の対象を学童期や思春期まで拡大した改訂版を開発し、保護者および保健・子育て支援・保育・教育の関係者が子育て・子育て支援を行う際の参考にしていだくことで、子どもの健やかな発達と保護者と子どもの心の健康促進に貢献することを目標としています。
 
信州大学医学部「子どものこころの発達医学教室」では、発達に気になるところのある子どもをもつ保護者などが、個性に合わせた子育てを見つけられるよう応援するためのスマートフォン用アプリ‘TOIRO’の開発を進めています。発達には、多くの子どもに共通する面と、一人ひとり異なる面とがあります。いま目にする子育て情報のほとんどは、多くの子どもに共通することを中心に解説されていますが、それが必ずしもしっくりこない子どももいます。TOIROは、すべての子どもに共通する面だけでなく、一人ひとり異なる面にも注目します。子どもの心身の発達に詳しい小児科医・児童精神科医・公認心理師からなる解説陣が、専門的な立場から「個性に合わせた多様な子育て」を提案します。
 
本プロジェクトでは、これまで幼児期および小学校低学年以下を主な対象として開発してきたTOIROをさらに発展させ、より高年齢の子どもにも対応した改訂版の開発を行います。また、TOIROが保護者の子育てにもたらす効果を検証するための調査研究も行います。
 
プロジェクト名:『発達が気になる子どもの保護者支援アプリ開発と研究』
募集期間:2021年11月1日~2022年10月31日
特典:  
寄付金額に応じて、記念品や子どものこころの発達医学教室の本田秀夫教授のサイン入り著書および出前研修会等
プロジェクトURL: https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=14

/data/blog/archive/original/52843.jpg



 
【本件に関するお問い合わせ先】
ミュージックセキュリティーズ株式会社
広報チームTEL:03-5948-7301 
E-mail:mspr@musicsecurities.com

ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室(榊原)
Securite ACADEMIA E-mail:ac@musicsecurities.com
がん患者のQOL向上を目指した、がんヘルスケア基金始動

子宮頸がんの啓蒙を行うティール&ホワイト月間にむけての研究開発基金


長年日本人の死因1位であり続けている、がん(悪性新生物)の研究で、患者さんが闘病生活で肉体的苦痛だけでなく精神的苦痛にもさいなまれていて回復を妨げる大きな要因となっていることが明らかになってきています。そんな中、京都大学婦人科学産科学では、婦人科がん患者さんのQOL(生活の質)に関する研究を行い、QOLの把握と改善を目指したアプリ開発を本格化しています。研究開発の促進のため、ミュージックセキュリティーズ産学官連携推進室は、京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学と連携し、寄付金の募集を始めたことをお知らせします。

がん患者さんは、がんと診断された時から、様々な不安を感じます。また、長く大変ながん治療を受けることで、不安だけではなく副作用などで身体面でQOLを落とします。そのような心身ともに大変なストレスの中でがん治療を受けていますが、不安なときに相談する医療窓口はなく、自己管理が正しいのかもわかりません。

この研究では、がん患者さんの日常生活やQOLをヘルスケアアプリを用いて患者さん自身が自己管理を行いつつ、医療者が把握することができる社会を作りたいと考えています。そのためにはアプリを用いて患者の生活情報をデータ(ライフログ)として管理するシステムが必要です。また、ライフログと病気との関係を調べます。がん患者さんのQOLを改善し、元気になることで社会復帰を目指すものです。今月は、乳がんの早期発見・適切な治療の大切さを伝えるピンクリボン月間、1月には子宮頸がんの啓蒙を行うティール&ホワイト月間がひかえています。今回の研究と実践は、ピンクリボン運動やティール&ホワイトリボン運動にも大きな貢献ができると考えています。京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学の挑戦を、どうぞご支援ください。

/data/blog/archive/original/52714.jpg
プロジェクトの詳細


基金名:「がん患者のQOL向上を目指した、がんヘルスケア基金」
募集期間:2021年10月22日から2022年2月28日まで
(先行受付:2021年10月19日-2021年10月21日)
募集サイト: https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=13

【本件に関するお問い合わせ先】
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム 
TEL:03-5948-7301 090-4944-8663(小笹) E-mail:mspr@musicsecurities.com
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室(榊原)
Securite ACADEMIA E-mail:ac@musicsecurities.com

囲碁AIの応用研究開発で目指す「人間の知の拡張」
― ゲームAI技術の発展と実践的応用のための寄附金募集開始 ―



AI(人工知能)が人間のトッププレイヤを超えるようになった囲碁・将棋の世界では、藤井聡太三冠に代表されるように、AIと戦うという形からAIをパートナーとして活用しながら自らのレベルアップ(知の拡張)を図ることがすでに日常になってきています。

日本棋院と提携している国立大学法人電気通信大学の「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」は、ミュージックセキュリティーズ株式会社と連携し、囲碁AIを題材とした人間の知を拡張する応用研究開発、そして、それを支える囲碁AIの技術交流を目的としたUEC杯コンピュータ囲碁大会運営のため、寄附金を募集します。
 
電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーションは、2006年の設立以来、囲碁AIを始めとする最先端のゲームAIの研究を行ってきました。その中で、近年特に力を入れているのが「ゲームAIを用いた人間の知の拡張」です。このプロジェクトでは、囲碁AIに代表されるゲームAI技術を用いて人間の知を拡張し、未だ到達しえない新たな境地へ到達する技術を切り拓くことを目指しています。また、このような教育研究活動を推し進めるために、毎年3月に開催の「UEC杯コンピュータ囲碁大会」をはじめとする囲碁AI技術の振興の場をコロナ禍でも絶やすことなく開催し続けています。「UEC杯」の特徴は、参加者の交流にあります。参加者同士が一同に会し、技術交流を行える場としては、世界的に見ても本大会が最大規模の大会です。今後もこの大会を継続的に開催することの意義を強く訴えていきます。

2015年にグーグルが開発したAlphaGo(アルファ碁)が、人間のプロ囲碁棋士を破って以降も、世界で囲碁AIは進化を続けています。クラウドを利用したハードウェアが比較的安価で入手できるようになり、ディープラーニング(深層学習)を応用した囲碁AIはAlphaGo以降も進化し続けており、開発者の裾野は広がっています。
この分野で得られた技術は囲碁AIにとどまらず、様々な分野に応用されています。特に、深層学習や膨大な探索に基づくAI技術は、必ずしも人間の思考過程とは相容れないものであることが多く、人間に理解しやすい表現で提示したり、学習支援に応用したりする技術は、今後人間を超えるAIが様々な分野に登場したときに重要な技術になると想像されます。この分野の研究を活用することで、近年中国や韓国に後塵を拝してきた日本の囲碁界全体の底上げが期待され、囲碁界だけでなく様々な競技分野で世界に伍する人材の育成に役立つものと考えます。

プロジェクトを統括する、エンターテイメントと認知科学研究ステーション長である電気通信大学大学院情報理工学研究科の伊藤毅志准教授は、「2045年にAIの能力が人間の能力を超えるというシンギュラリティ問題に人類が直面するときに、パートナーとしてのAIとの新しい関係を構築することが必要です。特にAIによる人間の知の拡張、つまり、人智を超える極みを、今、囲碁を題材とした分野で研究しておくことが、この分野のベンチマークとして重要になります。」と話しています。何卒、本プロジェクトへのご理解とご支援を、お願いいたします。

募集プロジェクト名: 人間の知を拡張させるゲームAIの研究開発
募集期間: 令和3年10月21日から令和4年2月28日まで
募集WEBサイト: https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=12


/data/blog/archive/original/52710.jpg



【本件に関するお問い合わせ先】
<寄附募集プロジェクトに関すること>
国立大学法人電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション長
伊藤 毅志 研究室
TEL:042-443-5370
E-nail:ito@cs.uec.ac.jp
HP:UEC杯コンピュータ囲碁大会
http://entcog.c.ooco.jp/entcog/new_uec/
電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション
http://entcog.c.ooco.jp/entcog/


<電気通信大学基金に関すること>
国立大学法人電気通信大学 総務企画課 広報・基金・卒業生室 基金・卒業生係
TEL:042-443-5069
E-nail:kisotsu-k@office.uec.ac.jp


ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム
TEL:03-5948-7301 090-4944-8663
E-mail:mspr@musicsecurities.com
 

「病状説明2.0 ~NO密だけど濃密な説明ができる診察室を~」報告(第1回)


京都大学医学研究科 眼科学教室
沼 尚吾

 京都大学医学研究科 眼科学教室の沼です。このたびは、研究プロジェクト「病状説明2.0 ~NO密だけど濃密な説明ができる診察室を~」にご支援をいただき、心よりお礼を申し上げま す。  

 皆様のご支援のおかげで、「1医療現場での患者・患者家族・医療者へのアンケート」を実 施することができました。現在は、このアンケート調査をもとに「患者と家族が適切に緑内障 について情報共有を図ることができるスマートフォン上でのアプリケーション」の開発を進め ております。

  8月4日には、京都大学学術研究支援室(KURA)産官学連携推進グループ主催のイベン ト、「京都大学インダストリアルデイ2021-XR~世界最先端のアグリ・バイオ・医療ICT研究 ~」にて本プロジェクトの概要について発表いたしました。企業、自治体、研究施設等、多様 かつ非常に多数の参加者にご視聴いただき、盛況のうちに終わり、早速新聞社より取材依頼が あり、アカデミアと産業分野との連携に高い関心が寄せられていることがうかがえました。

  引き続き、開発の実現に向けて取り組んでまいります。今後とも、皆様からのご支援、なに とぞよろしくお願いいたします。
 

「小児がん・希少がん・難治性がんに挑む信大CAR-Tプロジェクト」報告(第1回)

 

信州大学遺伝子・細胞治療研究開発センター/医学部小児医学教室
センター長/教授 中沢 洋三


信州大学の中沢です。このたびは私たちのCAR-Tプロジェクトに厚いご支援をいただき心より感謝申し上げます。私たちは日本発・信州大学発の次世代がん治療法「非ウイルス遺伝子改変CAR-T細胞」の開発に取り組んでいます。昨年12月からこのクラウドファンディングを開始しましたが、おかげさまでプロジェクトは着実に進んでいます。ご寄付は、試薬費、機器整備費、人件費、特許出願費などに使わせていただいております。今後ともご支援のほどお願い申し上げます。

CAR-T研究開発ニュース(2020年12月―2021年6月)
2021年3月22日にGMR CAR-T細胞の医師主導治験が開始されました。GMR CAR-T細胞は信州大学が10年の年月をかけて開発してきた世界初のCAR-T細胞です。急性骨髄性白血病と若年性骨髄単球性白血病を対象とするCAR-T細胞の臨床試験としてもそれぞれ日本初、世界初となります。ご期待ください!
 



/data/blog/archive/original/52071.jpg
(2021年3月22日 信大病院記者会見)
 


4編の国際論文を発表しました。
1.    Yagyu S, et al. Clin Transl Immunology. 2021;10(6):e1291.
2.    Hasegawa A, et al. Clin Transl Immunology. 2021;10(5):e1282.
3.    Nakamura K, et al. Mol Ther Methods Clin Dev. 2021;21:315-324.
4.    Kubo H, et al. Mol Ther Oncolytics. 2021;20:646-658.

研究成果を米国血液学会、欧州血液学会、日本造血細胞移植学会、日本再生医療学会、日本小児科学会、日本産婦人科・新生児血液学会で講演・発表しました。
YouTube動画“信州のファーストペンギン『難治性がんと闘う子どもたちの未来をつくる』”を配信しました。
(https://www.youtube.com/watch?v=Vw8MbRZJFxQ&t=3s)
3種類の新しいCAR-T細胞の研究開発に取り組んでいます。

 

ご賛同・ご支援への御礼と引き続きのお願い

 

京都大学医学部附属病院細胞療法センター(C-RACT)「細胞療法の新規開発基金」に、多くのご賛同とご支援を頂戴し、誠にありがとうございます。

本基金をもとに、早速、新規技術開発を始めており、一部は2021年6月下旬より試験的に臨床現場に導入されました。実証試験を繰り返しながら、さらなる開発を進めています(かるたすCARTAS:CAR-T Administration Scheduler、細胞療法依頼システムREACT-B:REservation and Application for Cellular Therapy Bundle)。

また、C-RACTに対する応援メッセージもたくさんいただいております。これらはスタッフ皆で目を通し、研究に対しての励みにしているとともに、細胞療法開発という我々に与えられた使命を改めて実感しているところです。

C-RACTではいよいよ半年後に迫った、2022年春の新規細胞調製施設(クリーンルーム)の開設に向け、学内・学外の様々な研究室と協力し、新しい細胞療法開発の計画を複数立てております。デジタル化など最先端の技術を駆使して、一日でも早く、有効なはたらく細胞たちを患者さんの手もとに届けることが出来るよう、スタッフ一丸となって日々努力しております。我々の取り組みに、さらなるご賛同・ご支援頂きますようお願い申し上げます。
 

京都大学医学部附属病院 検査部・細胞療法センター 助教
新井 康之
ご寄附いただきました皆様へ

 この度は東京大学動物医療センター140周年記念基金にご支援を賜り、誠にありがとうございます。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大により、多くの人々が感染し、尊い生命がたくさん奪われました。同時に様々な社会・経済活動にも大きな影響が生じ、私共、附属動物医療センターに於いても、新型コロナ対策を行いつつ、できる範囲で最大限の診療活動を継続する努力を続けてまいりました。その中で、我々の使命である伴侶動物の高度診療を通じて人と動物の幸せなよりよい関係を構築し、人々の社会生活の平穏と健康を推進することを再認識するよい機会ともなりました。

 2020 年、開設から 140 周年を迎えるにあたり、次の 10 年・100年先を見据えた病院づくりを行うために基金を立ち上げ、獣医療の未来を支える人材の育成・教育、動物と飼い主様にやさしい診療施設・設備の充実を推進しています。皆様より賜りましたご寄附により、診察室の扉の改修・ベランダのスロープの設置を行いました。しかし、まだまだ院内施設の環境整備が必要です。なお一層、動物にも人にもやさしい世界一の動物病院づくりのために引き続き、皆様の温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
 
東京大学大学院
農学生命科学研究科
附属動物医療センター
センター長
西村亮平
/data/blog/archive/original/51939.jpg


















 



 
 

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | 利用規約

ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室
第二種金融商品取引業者 関東財務局(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.