News

がん患者のQOL向上を目指した、がんヘルスケア基金始動

子宮頸がんの啓蒙を行うティール&ホワイト月間にむけての研究開発基金


長年日本人の死因1位であり続けている、がん(悪性新生物)の研究で、患者さんが闘病生活で肉体的苦痛だけでなく精神的苦痛にもさいなまれていて回復を妨げる大きな要因となっていることが明らかになってきています。そんな中、京都大学婦人科学産科学では、婦人科がん患者さんのQOL(生活の質)に関する研究を行い、QOLの把握と改善を目指したアプリ開発を本格化しています。研究開発の促進のため、ミュージックセキュリティーズ産学官連携推進室は、京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学と連携し、寄付金の募集を始めたことをお知らせします。

がん患者さんは、がんと診断された時から、様々な不安を感じます。また、長く大変ながん治療を受けることで、不安だけではなく副作用などで身体面でQOLを落とします。そのような心身ともに大変なストレスの中でがん治療を受けていますが、不安なときに相談する医療窓口はなく、自己管理が正しいのかもわかりません。

この研究では、がん患者さんの日常生活やQOLをヘルスケアアプリを用いて患者さん自身が自己管理を行いつつ、医療者が把握することができる社会を作りたいと考えています。そのためにはアプリを用いて患者の生活情報をデータ(ライフログ)として管理するシステムが必要です。また、ライフログと病気との関係を調べます。がん患者さんのQOLを改善し、元気になることで社会復帰を目指すものです。今月は、乳がんの早期発見・適切な治療の大切さを伝えるピンクリボン月間、1月には子宮頸がんの啓蒙を行うティール&ホワイト月間がひかえています。今回の研究と実践は、ピンクリボン運動やティール&ホワイトリボン運動にも大きな貢献ができると考えています。京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学の挑戦を、どうぞご支援ください。

/data/blog/archive/original/52714.jpg
プロジェクトの詳細


基金名:「がん患者のQOL向上を目指した、がんヘルスケア基金」
募集期間:2021年10月22日から2022年2月28日まで
(先行受付:2021年10月19日-2021年10月21日)
募集サイト: https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=13

【本件に関するお問い合わせ先】
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム 
TEL:03-5948-7301 090-4944-8663(小笹) E-mail:mspr@musicsecurities.com
◇ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室(榊原)
Securite ACADEMIA E-mail:ac@musicsecurities.com

囲碁AIの応用研究開発で目指す「人間の知の拡張」
― ゲームAI技術の発展と実践的応用のための寄附金募集開始 ―



AI(人工知能)が人間のトッププレイヤを超えるようになった囲碁・将棋の世界では、藤井聡太三冠に代表されるように、AIと戦うという形からAIをパートナーとして活用しながら自らのレベルアップ(知の拡張)を図ることがすでに日常になってきています。

日本棋院と提携している国立大学法人電気通信大学の「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」は、ミュージックセキュリティーズ株式会社と連携し、囲碁AIを題材とした人間の知を拡張する応用研究開発、そして、それを支える囲碁AIの技術交流を目的としたUEC杯コンピュータ囲碁大会運営のため、寄附金を募集します。
 
電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーションは、2006年の設立以来、囲碁AIを始めとする最先端のゲームAIの研究を行ってきました。その中で、近年特に力を入れているのが「ゲームAIを用いた人間の知の拡張」です。このプロジェクトでは、囲碁AIに代表されるゲームAI技術を用いて人間の知を拡張し、未だ到達しえない新たな境地へ到達する技術を切り拓くことを目指しています。また、このような教育研究活動を推し進めるために、毎年3月に開催の「UEC杯コンピュータ囲碁大会」をはじめとする囲碁AI技術の振興の場をコロナ禍でも絶やすことなく開催し続けています。「UEC杯」の特徴は、参加者の交流にあります。参加者同士が一同に会し、技術交流を行える場としては、世界的に見ても本大会が最大規模の大会です。今後もこの大会を継続的に開催することの意義を強く訴えていきます。

2015年にグーグルが開発したAlphaGo(アルファ碁)が、人間のプロ囲碁棋士を破って以降も、世界で囲碁AIは進化を続けています。クラウドを利用したハードウェアが比較的安価で入手できるようになり、ディープラーニング(深層学習)を応用した囲碁AIはAlphaGo以降も進化し続けており、開発者の裾野は広がっています。
この分野で得られた技術は囲碁AIにとどまらず、様々な分野に応用されています。特に、深層学習や膨大な探索に基づくAI技術は、必ずしも人間の思考過程とは相容れないものであることが多く、人間に理解しやすい表現で提示したり、学習支援に応用したりする技術は、今後人間を超えるAIが様々な分野に登場したときに重要な技術になると想像されます。この分野の研究を活用することで、近年中国や韓国に後塵を拝してきた日本の囲碁界全体の底上げが期待され、囲碁界だけでなく様々な競技分野で世界に伍する人材の育成に役立つものと考えます。

プロジェクトを統括する、エンターテイメントと認知科学研究ステーション長である電気通信大学大学院情報理工学研究科の伊藤毅志准教授は、「2045年にAIの能力が人間の能力を超えるというシンギュラリティ問題に人類が直面するときに、パートナーとしてのAIとの新しい関係を構築することが必要です。特にAIによる人間の知の拡張、つまり、人智を超える極みを、今、囲碁を題材とした分野で研究しておくことが、この分野のベンチマークとして重要になります。」と話しています。何卒、本プロジェクトへのご理解とご支援を、お願いいたします。

募集プロジェクト名: 人間の知を拡張させるゲームAIの研究開発
募集期間: 令和3年10月21日から令和4年2月28日まで
募集WEBサイト: https://academia.securite.jp/donation/detail?c_id=12


/data/blog/archive/original/52710.jpg



【本件に関するお問い合わせ先】
<寄附募集プロジェクトに関すること>
国立大学法人電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション長
伊藤 毅志 研究室
TEL:042-443-5370
E-nail:ito@cs.uec.ac.jp
HP:UEC杯コンピュータ囲碁大会
http://entcog.c.ooco.jp/entcog/new_uec/
電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション
http://entcog.c.ooco.jp/entcog/


<電気通信大学基金に関すること>
国立大学法人電気通信大学 総務企画課 広報・基金・卒業生室 基金・卒業生係
TEL:042-443-5069
E-nail:kisotsu-k@office.uec.ac.jp


ミュージックセキュリティーズ株式会社 広報チーム
TEL:03-5948-7301 090-4944-8663
E-mail:mspr@musicsecurities.com
 

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | 利用規約

ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室
第二種金融商品取引業者 関東財務局(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.