京大発アルツハイマー型認知症治療薬開発プロジェクト

治療用ワクチンで患者さんとご家族を笑顔に
京都大学大学院医学研究科 認知症制御学講座
現在 11%
集まっている金額
¥830,560
参加人数
65人
募集終了まで
65日

認知症の中で半数以上を占めると言われるアルツハイマー型認知症。高齢者の増加によって患者さんの数はさらに増えると予測されております。また、既存の治療を行っても緩徐に進行してしまい、ご家族の負担も大きい疾患です。

私たちの研究室ではアルツハイマー型認知症に対する治療用ワクチンの開発を行っております。目指すものは①症状を改善する、②治療頻度を少なくする、③多くの患者さんが受けられる治療で、ワクチンという手段を用いることで可能だと考えております。誰もが発症する可能性のあるこの疾患についての関心と理解を深めていただきつつ、皆様からのご支援をいただくことで実現へ向けて研究・開発をさらに進めて参りたいと考えております。

/data/contribution/20/thumbnail_210625-8021.jpg

募集期間と使途

【目標金額】
7,500,000円

【募集期間】
第1期 2022年12月1日〜2023年3月31日
第2期 2023年4月1日〜2023年7月31日

【基金の使途】
本プロジェクトでは、ヒトの脳脊髄液サンプル、血液サンプルを用いた解析とマウスを用いたターゲット関連蛋白質の解析と開発ワクチンの効果確認を目標としております。そのために下記について資金を使用する予定です。
1.ターゲット関連タンパク質解析に必要な実験試薬、消耗品の購入
2.サンプル保存用の超低温冷凍庫の購入
3.マウスの購入、飼育、行動解析費

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症は物忘れが主症状で、脳の中ではアミロイドβとタウが沈着することを特徴とします。国内の患者数は現在、200万人以上と推定されており、加齢とともに増加することから2040年には500万人を超えるという試算もあります。これまでアルツハイマー型認知症に対して国内で承認されている薬は主に4種類で飲み薬または貼り薬となります。進行を遅らせる効果が報告されておりますが、より効果のある薬を目指して世界中で開発が盛んに行われております。ターゲットとしてはアミロイドβに対するものが多く、他にはタウに対するものもあります。

/data/contribution/20/20-0.png

ワクチンという治療手段

アルツハイマー型認知症との相性の良さ

アルツハイマー型認知症は物忘れが主症状ですので、毎日の内服や薬の貼付をすることは本人にとっては簡単ではありません。自分で管理できない場合は家族などの介護者が管理するケースも多く、それが介護者の負担になっていることもあります。
ワクチンのように数ヶ月に一度の治療薬であれば受診の時に打つということも可能になり、患者さんのみならずご家族にも良い治療法であると私たちは考えます。現在、VLPセラピューティクス社のVLPワクチンを用いて開発を進めており、このワクチンはウイルス様粒子(ウイルスの殻)にターゲットとなるタンパク質の一部を多数載せるものです。この技術により少ない量でたくさんの抗体を産生することに成功しており、多くの方へ届けられることができるのではないかと考えております。
/data/contribution/20/20-3.png

治療、そして予防を目指して

私たちが着目しているターゲットはアミロイドβとは異なる蛋白で患者さんの脳で増加していることが報告されております。また、アルツハイマー型認知症のモデルマウスでも増加していることが知られており、そのタンパク質を抑えることでマウスの認知機能が改善したことから治療薬候補であると考えております。さらには治療だけではなく、予防にも用いることができたらというビジョンを持って研究を進めております。
まだまだクリアする課題は多いですが、何らかの形で皆様にお届けできるよう前に進めて参りますのでご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

/data/contribution/20/thumbnail_1.jpg

研究体制

代表研究者
後藤 和也

特定助教
認知症制御学講座
認知症、神経変性疾患

経歴

2007年 京都大学医学部卒業
2007年 倉敷中央病院 初期研修医
2009年 倉敷中央病院 神経内科 後期研修医
2012年 国立病院機構大牟田病院 神経内科
2017年 京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 博士課程修了
2017年 洛和会音羽病院 脳神経内科
2019年 京都大学大学院医学研究科 認知症制御学講座 特定助教(現職)

鹿児島県生まれ。京都大学医学部卒。初期研修後、脳神経内科を専門として医療に従事。大学院博士課程では京都大学iPS細胞研究所で運動神経への分化について研究。現在は京都大学で認知症に対する創薬研究を行っている。

研究メンバー

京都大学大学院医学研究科認知症制御学講座

特任教授:上野隆司、特任教授:月田早智子、
特任准教授:赤畑渉、特定准教授:田邉康人、
特定助教:福島祐二、特定助教:後藤和也、
技術補佐員:白井優那、秋山眞穂

京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座(脳神経内科)

教授:髙橋良輔、准教授:葛谷聡

税法上の優遇措置が適用されます

本プロジェクトは、京都大学寄附金取扱規程に則り、京都大学へのご寄付として取り扱われます。本プロジェクトへの寄付後、京都大学より送られてくる領収書を控除証明書として確定申告書に添付し、所轄税務署へご提出ください。領収書の日付は、寄付申込日ではなく、寄付をされた翌月末の日付となります。
詳細はこちら

お知らせを確認するためにはSecurite Academiaへのログインが必要です。

2023.04.01 滋賀県 期待しています。
2023.03.24 千葉県 高齢の父のためにも研究をお願い致します。
2023.03.06 京都府 応援しています!
2023.03.06 東京都 頑張ってください!!
2023.01.25 東京都 応援しております!自分でも使いたいと願っています。
2023.01.18 京都府 田舎の老親だけでなく自分の将来にも不安があります。よりよい治療法が開発されるように応援します。
2023.01.13 兵庫県 実用化までの道のりは決して平たんでないと思いますが、多くの方の幸せに貢献できると信じて、あきらめずに続けて下さい。
2023.01.11 東京都 素晴らしい研究を進めてくださり、ありがとうございます。世界中の患者さんおよびご家族への福音となるワクチン開発の成功を祈念しております。
2022.12.28 千葉県 事業の成功を期待しております。
2022.12.22 東京都 高齢化社会で重要な役割を果たすアルツハイマー型認知症治療用ワクチン開発素晴らしいと思います!!研究の進捗が楽しみです!
2022.12.15 長野県 誰もに関係しうる研究だからこそ、多くの人で応援したいと思いました。
2022.12.15 東京都 母がアルツハイマー型認知症でした。現在介護でご苦労をされているご家族の為にも 少しでも早い症状緩和効果のあるワクチンの開発を期待します。
2022.12.13 兵庫県 母も認知症になりかけています。母には間に合わないかもしれませんが、症状が軽くなる人が少しでも早く増えればと願っています。 がんばってください!
2022.12.13 千葉県 美味しくない!と言われる薬を渡す機会が減ると嬉しいです。
2022.12.13 兵庫県 もうすぐ93歳になります。最近、物忘れがひどいです。私が100歳になるまでにワクチンを完成させてください。
2022.12.13 東京都 父がアルツハイマーで長らく闘病しています。また、娘にダウン症があるため(ご存じのようにダウン症のある人は、高確率でアルツハイマー型認知症を発症すると言われています)、将来ワクチンで予防&治療ができることを期待しています!
2022.12.12 愛知県 期待しています。 がんばって下さい。
2022.12.12 神奈川県 一日も早くよい薬が出来ますことを願っています。
2022.12.11 兵庫県 応援しています。
2022.12.11 兵庫県 頑張ってください。応援しています。
2022.12.11 大阪府 少額ですが、ご当人とご家族の幸せ及び今後の自身や友人知人のために。。。
2022.12.10 東京都 ほんのわずかではありますが研究をしている方々へ感謝と敬意と応援の気持ちになります。
2022.12.10 新潟県  認知症患者が少しでも少なくなるとよいと思い、少額ながら寄付しますので御活用ください。研究者の御活躍を期待しております。
2022.12.09 北海道 仕事でアルツハイマーの患者さんと接しています。ご本人もご家族も大変と思いますが、お世話をする側も仕事とはいえ、毎日精神的にも肉体的にも本当に大変な思いをしています。みんなの幸せのために、プロジェクトをぜひ成功させてください。
2022.12.09 東京都 とてもとても重要な研究・開発だと思います。頑張ってください。
2022.12.09 埼玉県 超長寿社会になる日本をはじめ、アルツハイマー型認知症の治療薬は切望されていると思います。87歳にある義母が次第に息子もわからなくなっていく状況を目の当たりしていることもあり、ぜひ微力ながら支援させていただきたく応募いたしました。
2022.12.09 東京都 私(80歳)には間に合わないでしょうが(笑)、後に続く人たちのために、よろしくお願いいたします。
2022.12.09 埼玉県 このプロジェクトが成功、実用化され、認知症治療や予防に貢献できるといいですね。
2022.12.09 京都府 ワクチンができれば近い将来への気がかりが一つ減りますので、大いに期待しています
2022.12.09 岡山県 期待してます。
2022.12.08 千葉県 早くワクチンが完成する事を期待しております。
2022.12.08 長野県 私の母もアルツハイマー型認知症で徐々に悪化して亡くなりました。 苦しむ本人と家族が一人でも少なくなるよう実用化を進めてください。
2022.12.06 兵庫県 誰もが健康で過ごせる社会のためにとても大事な研究ですね。チャレンジングな挑戦を応援します!
2022.12.04 兵庫県 少しでも研究を前に進めるのに役立ててください。
2022.12.04 兵庫県 とても大切な研究なので応援しています!

プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | 利用規約

ミュージックセキュリティーズ株式会社 産学官連携推進室
第二種金融商品取引業者 関東財務局(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.